豆乳のパワーで今より美肌美人になれる!豆乳のどんな成分がいいの?

大豆製品はイソフラボンが豊富で、女性ホルモンの働きを活発にしてくれると言われていますよね。
大豆製品の中には納豆や湯葉、豆腐や豆乳、小豆、枝豆などたくさんあります。
今回は、その中でも「豆乳」の美肌効果についてお伝えしていきます。
豆乳は健康食品としても有名ですが、女性にとって嬉しい美肌効果にも優れているのです。
豆乳のいったいどんなところに、美肌効果が期待できるのでしょうか?

○お肌の老化を食いとめてくれる「イソフラボン」

豆乳を日々豊富に取り入れていれば、お肌の悩みを限りなく0に近づけていくことができます。
特に豆乳に含まれる「イソフラボン」には、高い美肌効果が期待できます。
なぜなら、イソフラボンにはお肌の老化防止や、抗酸化作用が期待できるからです。
イソフラボンにある抗酸化作用は、お肌が老化していくのを食い止めてくれるものです。

もともと人間の体には抗酸化作用が備わっていますが、20代を境にして低下していってしまいます。
そのため、抗酸化作用に優れたイソフラボンを取り入れていくことで、老化を防いでいく事ができるのです。 

○ビタミンE

豆乳には若返りのビタミンとも呼ばれている「ビタミンE」が、豊富に含まれています。
ビタミンEのパワーによって血行促進が期待でき、肌荒れ防止にもなるでしょう。
今、お肌が荒れて困っている人は、ぜひ豆乳を豊富に取り入れてみてください。

○ビタミンB
ビタミンBには、お肌の新陳代謝を促してくれる役割があります。
新陳代謝がアップすることによって、お肌にハリや弾力が生まれます。健康的なお肌にしていけるでしょう。

ダイエットをしている人の中には、糖質や脂質に気を使っている人たちも多いでしょう。
低糖質ダイエットと低脂肪ダイエット、どちらがいいか迷っている人も多いはずです。

糖質と脂質はダイエットに大敵だと言われていますが、ダイエット中は、どちらを特に控えていればいいのか気になっている人は、ぜひコチラをご参考にしてみてください。

○低糖質ダイエットと低脂肪ダイエットの効果はどちらが上?

低糖質ダイエットと低脂肪ダイエットの減量効果は、「ほぼ同じ」という研究結果が出ています。

そのため、どちらか一方を特に控えようとするのではなく、どちらも控えた方がいいでしょう。また、糖質や脂質にばかり気をつかうのではなく、カロリーにも気を配る必要があるでしょう。
例えばカロリーの多い炭酸飲料は低脂肪ですが、健康的とは言えません。
ラードは低糖質ですが、脂質の高いアボカドの方が健康的だと指摘されています。低糖質や低脂肪という言葉にこだわりすぎる必要は、実はありません。

○結局正しいダイエット法ってどんなもの…?

体重を減らしたい!と思った時でも、食事から必要な栄養素をしっかりとることが大切です。カロリー摂取量の多い消費カロリーを、できる限り上回らないように調整していきましょう。

適度な運動を行い、野菜中心の食生活を送ることも、ダイエットを成功させるための鍵となります。
噛む回数を増やすのもダイエット中には大切です。
満腹中枢を刺激して、暴飲暴食を予防することにもつながっていくので、試してみるのもいいでしょう。

新小岩 美容師 求人 正社員