美容室での仕上がり

美容室と言う所は、お金を支払って何かを買う所とは違って、お金を支払って美容師の技術で自分の身なりを整えてもらう所、問う感じの場所ですね。人に何かをしてもらうわけですから、そういう意味では支払った料金で得るものは一定のものではない、という事も言えると思うのです。洋服を買うのであれば、その洋服はおそらく同じものが沢山生産されていて、そのうちのひとつを購入するものですし、その品物というのは自分が見て、手で触って、洋服であれば試着してみて自分にとって良い品であることを確認してから購入する事が出来るものですが、美容室でヘアスタイルを整えてもらう事に関しては、お試しがありません。仕上がった姿をあらかじめ確認する事もできません。美容師にとってもお客さんにとっても一発勝負、といった意味合いがあるでしょう。その一発勝負について美容師の方は当然お客さんに対して自分の技術やセンスを最大限に発揮するしかないのですが、それもまた一つに定まっているものではありません。人間がすることですから色々な事の影響を受けてその仕上がりは変わってきます。そして影響を与えてしまうものには、美容師自身の問題、美容室の環境の問題、そしてお客さん側の問題があるように思われます。それらが絡み合って仕上がりに影響を及ぼしていると言えるのではないでしょうか。

美容室は気づかいの場

みなさんは、美容室とは関係のないところにおいて、人と一対一で関わるときにはそれなりに色々と気を使うと思うのです。なぜ人は気を使うのか、というとその人に対して思いやりを持って気を使ってあげた方がその人との関係が上手くいくからですよね。ましてやその人と何か共同作業をしなくてはならない、と言う時にはかなりの気遣いをすると思うのです。その人がやりやすい様に、その人が嫌な気持ちにならない様に、といった感じですね。そして逆に相手が全く気づかいの出来ない人間であった場合には、おそらくこちらも嫌な気持ちになったりイライラしたり、極端に言えば「もう二度とこの人と一緒になりたくない」と言う感情さえ持ってしまうかもしれません。美容室と言う場所はそういう感じの場所でもあると思うのです。もちろん美容室では私達はお客さんであって料金も支払うのですから、美容師や美容室側が私達の言う事を聞いてくれて当たり前ですし、失敗するなんてありえない事、という考えは間違ってはいません。ですが人と人とが関わり合う場所である以上、互いに思いやる態度が無ければ上手くできるものも上手くできなくなってしまうと思うのです。極端に言えば私達の美容師に対する気遣いが、美容師が如何に気持ち良く自分の持っている技術を発揮できるか、と言う事を左右するのだと思うのです。

Pickup site !!

池袋注目美容院ベスト→

池袋にある美容院

辻堂注目美容院ベスト→

辻堂にある美容院