美容師である事と美容室の一員である事

美容師の皆さんは美容師になるために美容専門学校に通っていた時には「人のヘアスタイルを作ること」「人も髪の健康を守ること」という事だけを考えていればよかったのだと思うのです。ですが実際に美容師として働き始めると、考えなくてはならないのはそれだけではなくなってきます。それは一人の美容師であると同時に働いている美容室のスタッフの一員でもあるかですね。自分が美容師として働くためには雇われいてる立場であればどうしてもその働く場所である「美容室」の経営を維持する事が必要となります。つまり「お客さんの事」と「お店の事」を両方考えなくてはならなくなるんですね。たとえばかなりのダメージヘアのお客さんが「髪色を変えたい」といった来店したとします。美容師としてはそれは勧められない、今カラーリングをするとダメージがひどくなる、という判断をするでしょう。ですがお店の事を考えるとカットとトリートメントだけでは単価が上がらない、つまり美容室の経営としてはカラーリングをする方が儲かる訳です。お客さんのために「今はカラーはやめた方が良い」とアドバイスするか、そのことには目をつぶってお店の売り上げのためにダメージがひどくなると解っていながらお客さんの要望通りカラーリングをするのか、美容師は難しい立場にある、と考えられますね。

美容師の志を見抜く

美容師がどの様なことを志として働いているか、という事は、その美容室の経営の在り方によっても変わってくると思います。どんな美容師であっても最初は「お客さんのために」と言う事を一番に考えていたと思われます。ですがもしもお店の経営者が「とにかく売り上げが一番」という考えの経営者であったらどうでしょうか。そこで働く美容師たちにも売り上げをあげることを求められます。そうするとお客さんの為、というよりは、いかに単価の高いオーダーを取るか、という事が優先されます。それはもはや美容師としてのカウンセリングではなく、いかに商品を買ってもらうか、という営業マンのトークのような感じになってしまう事でしょう。そこに疑問を感じる美容師も多いかもしれませんが、多くはその美容室の方針に従わざるを得ない状況になるでしょう。皆さんの通っている美容室は果たしてどうでしょうか?お客さんの髪の毛の事、ヘアスタイルの事を一番に考えてくれている美容室でしょうか?その事を見極めるにはやはり美容師とのカウンセリングだと思われます。自分の言った事をすべて叶えてくれる美容師、というのは一見とても良い美容師の様に思われますが、そうではない可能性もあります。お客さんの言う事を聞いていた方が単価の高いオーダーが取れるから、という事もあるのからですね。

おすすめサロン

おすすめと言えば城南にある美容院

城南にある美容院

調布にある今話題のおすすめ美容院

調布にある美容院

横須賀で美容院といえばここがおすすめ

横須賀にある美容院