美容室はなぜ緊張するのだろうか

みなさんは、美容室に行く事に対してどの様に思っていますか?美容室に行くことが楽しみで仕方がない!大好き!と言う人もいるかもしれませんが、良く聞かれるのは「美容室は緊張する」「行くたびに色々と不安」と言う人も多いものです。中にはもやは「美容室は嫌い!」と言う人もいます。徹底している人になると「美容室にはいかない。髪の毛は自分で切る」と言う人もいますよね。確かにどんなに美容室が大好きだ、という人でも、始めていく美容室となると多少は緊張すると思います。どんな美容室か、担当美容師はどんな人か、といった緊張感ですね。ですが美容室そのものに抵抗感が無い人であればそれは「期待感」でもあるでしょう。一方でどうしても美容室が苦手、という人であれば初めて行く美容室なんて、とんでもなく緊張してしまうのだと思います。人によってはそもそも予約の電話をするところから緊張してしまう、という事も有ります。どうして美容室と言う所はそんなに緊張や不安を招いてしまう場所となっているのでしょうか。その理由としてはまずはお客さんの方に要因がある場合、そして美容室側が作っている要因がある、という場合とに分かれると思うのです。特にお客さん側の要因の場合は、おそらくその人は美容室に限らず緊張してしまう人なのかもしれません。

お客さんの人見知り

一番緊張する理由として大きいのはお客さんが人見知りな性格である、という事だと思われます。もちろん人見知りが悪い、という事ではありません。ですがやはり人見知りがある人と無い人では、美容室に限らず日常的に訪れるところ以外の所に出向く事や、普段の付き合いのない人とお喋りをするのは苦痛なものなのでしょう。ましてや美容室では自分をさらけ出さなくてはならない場面がいくつも有ります。そもそも他人に髪の毛を触られること自体非日常的な事です。平気な人はそれを楽しむ事ができるのですが、そうではない人も多いものです。そして何よりも人と人との距離が近い空間となります。美容師との距離は常に50センチ以内という感じになります。髪の毛や頭、肩に触れられてしまうのも、人見知りの人にとっては緊張の原因となることでしょう。たとえばこれがお医者さんで会ったらどうか、と言うと、自分の身体の悪いところを診てもらう必要性があるので、そこは覚悟せざるを得ないものが有ります。ですが美容室はそうではありません。自分はお客さんで出来ればそんなに近い距離で話しかけたりしないでほしいと思っているのに、それに反して美容師がガンガン話しかけてくる、というようなケースも有り、そういうお客さんに対しては美容師の方も少し考えてあげる必要があるかもしれませんね。

注目サロン情報

 2018年大注目だった大名の美容院

大名にある美容院

2019年今注目すべき新石切の美容院

新石切にある美容院