食事の管理

美容師の仕事というのは、お店の仕事だからそんなに不規則なイメージは無いかもしれませんが、みなさんが美容室に行くときには、昼時の12時頃であろうと閉店間際の19時頃であろうと、美容師の皆さんはお店を「休憩中」にすることなく働いていますよね。つまり食事や休憩は美容師の皆で交代しながら摂っているのでしょう。ほかの商売をしている人たちでも同じかもしれませんが、食事の時間と言うのが一定しない毎日を送らなくてはいけないんですね。いくら○○さんは○時から休憩、と言う大体の目安はあるとしても、との時にものすごくお店が忙しければ、休憩どころではなくなります。結局昼食をとることができなかった、と言うケースもよくあるようです。つまり基本的には「食べることができる時間に食べる」と言う生活を毎日続けている事になるのでしょう。食事をする、と言う事は健康面において、一番気を付けなくてはいけない事、とよく言われていますが、美容師の様な職業であると、規則正しい食生活を送る事なんてかなり難しい事なんですよね。それが昼食だけならともかく、夕食もままならない、と言う日も有るようで、美容師の人たちの食生活、というのはとても心配されるところですよね。特にアシスタントと呼ばれる新人時代だと、かなりつらいものがあるようです。横須賀 美容院

美容室や担当の美容師を変えたい時

私の方は機会があれば、またお願いしますね、ぐらいの事はいいたいな、と思っているのですが、その人も気を使ってか敢て私の事は見ないようにしているような感じなのです。だからとても悪い事をしたような気分になってしまって、これまでみたいに美容室に行くのが楽しく思えなくなってしまいました。それって決して私に非がある訳ではないと思うので、そういう時には店長さんとかがちゃんと見ていてほしいものです。私とその美容師さんが気まずくなるだけなら良いのですが、私の新しい担当者さんと気まずくなったりしたらお店側としてもちょっとまずいのではないかな、と思ってしまいます。担当の美容師さんをチェンジしたいとき、定休日とかその担当の人がお休みの時をねらって他の人にお願いしてみるのが角が立たなくて良い、という話を聞いたことが合って、私はその手を使って、長年お願いしていた美容師さんを変えてみたことがあったのです。するととても若いのに性格も良いし、これまでの担当者では提案してくれなかったようなヘアスタイルもこなしてくれるので、とても気に入ったのです。そして次回からはその人を指名するようになったのですが、やはり前の美容師さんとはちょっと気まずくなった気がします。新小岩 美容師 求人

気になる美容師へのアプローチ

そうすれば、彼と今以上に話したり一緒に居たりできるし、個人的な藩士が出来る機会も増えると思うのです。でも今私の髪はミディアムヘアぐらいです。ロングになるにはまだまだって感じです。それまで今の様な感じのままで我慢しなくちゃいけないのも、なんだかちょっともどかしいな、と思っています。だからと言って、これ以上頻繁に美容室に通うのも変だと思われそうだし、複雑です。美容師さんにアプローチする良い方法はないですかね?私は今自分の担当の美容師さんの事が気になって仕方がありません。なんとかして彼と個人的に仲良くなりたいと思っているのです。でも彼が美容師である限りは私もただのお客でしかありません。何時もあうのが彼の職場であることを考えると、用賀 美容室でこれ以上親しくなるような行動をとる訳には行きません。私が毎日毎日通うというのも、ちょっと難しいです。そこで思いついたのですが、彼はコンテストとかにも挑戦するぐらいの人なので、彼のカットモデルになれないだろうか、と思っているのです。そのためには彼がモデルを探しているときにいつでも立候補できるように髪の毛を伸ばしておいた方がいいな、と考えているのです。それでもしも彼がカットモデルを探すようなチャンスが合ったら、一番に立候補しようと思っているのです。