清潔感を意識する

お客さんにとって美容師のみなさんのファッションが「素敵だ」と思う先ず第一歩は「清潔感」だと思われます。誰でも「この人のファッションは清潔感があるかどうか」という物の見方をする事は一般的には少ないと思われます。よほど清潔であることが求められるケースでなければ「この人は清潔だ」と意識する事は少ないと思うのです。ただその清潔感と言う物がその人のファッションや外見を評価する時には無意識のうちに判断基準となっていると思うのです。つまり清潔感が無ければそれはすぐに良くない評価の方へとつながると思われます。意識していなくても清潔感のない容姿は良い評価には繋がらないんですよね。逆に言えば清潔感があるだけでそれはまず良い評価の第一関門を突破したことに等しいでしょう。ですからこの美容室の求人で主婦を採用するため柏駅で自由出勤美容師の皆さんもお客さんに対してまずは不快な印象を与えないために清潔感を第一に意識したファッションを心がけるべきでしょう。ファッションも大切ですが清潔感というところでいえばまずはヘアスタイルや髪の毛自体の清潔感が問われるところでしょう。フケやべた付きはまずありえない事ですし、ファッションで言えば職場で付着するもの以外の汚れや汗シミ、食べこぼしと言った事もNGでしょう。美容師の皆さんにはぜひとも来店するお客さんにとって「憧れの存在」となってもらいたいと思うのです。決して美容師の皆さんはファッションセンスに関してのプロという位置づけではないので、その事で料金を支払ったりすることはないのですが、それでもお客さんは美容師の皆さんをみて何かを参考にしたり真似をしてみたり、施術中のトークの中で何かアドバイスをしてもらいたい、と思っていると思われます。ですがそういう気持ちになるのは、美容師の皆さんのセンスが素敵だ、と思えるからであって、もしも美容師のファッションセンスがお客さんから見ても「ダサい」と思うようなセンスであれば、当然その美容師のファッションセンスを疑ってしまうでしょうし、そんなファッションセンスの人が自分のヘアスタイルを整えてくれても、それが本当に自分にとって似合うヘアスタイルのなのかどうかを疑ってしまうかもしれません。つまりお客さんにとってはセンスの良くない美容師に対しては不安を覚えてしまうと思うのです。そういった点では美容師と言う職業はお客さんから信用されていなければ出来ない仕事だと言えるでしょう。この人のセンスは信用できる、とお客さんに思ってもらうためにはただハサミ捌きが素晴らしいだけではなく、美容師自らのセンスの良さをお客さんにアピールしなくてはいけないと思うのです。

You Might Also Like